春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dreamer, flower
2010年 08月 30日 (月) 23:39 | 編集
print201008_0013.jpg
バスタブで眠ってしまったらなかなか起きないようで
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Fuji X-tra400 / albus


おとといから妹が帰ってきてます。
話すことがおおいです。

きのうは妹の彼氏がうちに来ました。
おすしをとりました。おまつりだぜ。おもてなし楽しい。


きょうが初校だったのでまたしても原稿が終わらずに土日を迎えてしまい
こころがあまり休まらないままだったので(原稿はなんとか間に合った)
きのうは疲れたらしく、妹と話しながら(部屋がつながっているので)、
どどーっと、寝た。そしたらいろんな夢をみてしまったようで。

起きぬけに、目覚ましを止めながら、夢の最後のところをみていた。
何かがめでたく終わった後で、よかったね、よかったね、という晴れやかな雰囲気の中、
女の子が、おそらく旧い友人の女の子が、

「わたしね、これが終わったら言おうと思ってたことがあるんだあ」と、

はにかみながら、嬉しそうに、ちょっともったいぶって何かを発表しようとしていた。

目が覚めたら、その女の子が誰かも、何が終わった後なのかも思い出せなくって、
むろん、その子が言いたくて我慢してた何らかの「いいこと」も聞けずじまいで、

ああ、勿体ない… と思ったのでした。何だったのかな。聞きたかったな。



今日は虹を見逃したことを知り、がーん、となった。
打ち合わせから戻ったら、TLに「虹!」「虹!!」と写真つきで並んでいた。
(でもいろんな人の写真で見れたのはおもしろいなあと思った)
家に帰ったら、家族の全員がしっかり見ていて、写真まで撮っていて
わたしはたいそう機嫌をそこねたのだった。

ぶーたれておちょくられて、そして缶ビールをコップに分けて飲んだ。
未成年の弟はよく「あっ、僕ちょっとでいいけん」というボケをかます。


白くてなめらかなバスタブで、ずーっと寝てたい。葉っぱがやわらかくなって溶けるまで。


ついったーは、たのしいし、なんでも書いている。
短くても、推敲したり漢字かひらがなか考えたりする。たのしい。
しかしさすがに、
「いや実際、骨が鳴り出しそうに淋しいんですよね」とか
書いてしまうと申し訳ないことになるので、じちょう。


あしたは防波堤のはなしを書くよ。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。