春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨上がり、庭のアトリエ/そうですかと言ってバーテンダーは、黙っておろし金を洗った
2010年 10月 04日 (月) 01:20 | 編集
20101003_0004.jpg
のんちゃんの7つ道具のうちのだいたい4つくらい (ほんとうに、たぶん)
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD400 / albus


標準レンズって、ほんとうにぼけるなあ。これ5.6か8くらいまで絞ってるけど。

イラストレーターの友達がかかわっている新しい店舗の現場に
あそびに行きました。こないだは2号店、きょうは3号店。
お店が増えるたびに、どんどん描くところが増えてるんだって!

金曜はご飯を一緒にたべた。
サラダも兼ねてカルパッチョと、豚肉の煮込みと、土鍋で炊いたご飯。
ふらーっと入ったお店だったけど、おいしかった!
久しぶりだったのだけど、ものすごくいろんな話をした。


ひとが絵筆をにぎっている姿を見るのがすきだ、多分。

あと、おんなのこを後ろから撮るときに、横顔がすこしだけ見えて、
まつげだけがくいっと見えている角度が好き。

この角度でもじゅうぶん、美人だって暗示されるとばい!



雨上がり、曇天のひかりの中で
まっしろな外壁に向かって絵筆をふるうのんちゃん。
道行くひとも興味しんしんです。
お店のオープンが、みんなに待たれているのだなあと感じました。

真剣な現場を撮らせてくれて、ありがとうね。



それで先週からのフィルムを撮りきってきょう現像したのですが、
先週末ぐうぜん会ったイケメンの友達が、なかなかイケメンに撮れていて
これ売れないかなーとか思いました。売らないけどー、本人もらってくれるかな?



きょうも本を読むためにカフェに少し居たのだけど、
となりの席のおばさまに間違ってバッグを持ってかれそうになって
そしてあやまってもらえませんでした。

とことん、ひとりカフェが上手くない。

一番おちつくのはスタバっていう凡庸な結論に辿り着いてしまうのかわたし。



原稿のために読まなければならない本を読み終えるため、
前述のカフェのようにいろいろと腐心したのですが、終わらなかったです。
わたしほんとうに本読めんくなったな。。遅いしはかどらないし。

どうしよう。

どうしよう。

仕事って思うからか。何て奴だ。

いや、おもしろい本で世界的名作なんだけど。

でも半分はすぎた。





欲しいものがあるんですよう。





ココアじゃないんです
ジンジャーエールなんです

手品のように、真鍮のカップが出てきて

鼻を近づけるとふつふつと香りがはじけて

うれしくなってしまって思わず隣にいるひとを見ると

黙ってにっこり笑って、いいからお飲みなさい、と

ココアは要らないんです、今は





よってわたしも、今はココア的なものを提供できないんですが





胃をすこしだけ重くして寝る
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。