春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
零連休
2010年 10月 12日 (火) 00:32 | 編集
20100926_0004.jpg
あなたのせいでも あなたのせいでも あなたのせいでも ありません

Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Fuji X-tra 400 / albus



ぜろれんきゅう。



三連休が苦手です(笑)



自分のせいです。

きのう寝たせいできょう仕事がおわらんくて往生しました。

あしたから取材です。また遠くに行きます。
山のなかのふるい旅館に泊まるので(手配が遅かったわたしが悪い)、
また真夜中に、こわい!と騒いで書くかもしれませんね。



読書があまりはかどらない今日このごろですが

小川洋子「原稿零枚日記」、読み始めました。

悶絶しております。

小川洋子好きにはたまらない。

物書きの女性が主人公になることはたびたびあったと思うけれど、
この作中主体は今までで一番小川さんに近づけて書いているような気がします。

最初の章で、取材旅行先のひなびた旅館で小さな携帯ラジオを借りて
大真面目に「甲子園での対巨人三連戦」を応援しようとする。

それまでの流れからすると「なぜ野球!」と唐突に感じられるようですが、
小川さんは生粋のトラ党なので、読者は「出た阪神!w」となるわけです。





まだぜんぜん序盤なのですが、どうなるかとても楽しみです。

小川作品では「私」がほんのり奇異な世界と対峙する構図がよく見られますが、
今回、主人公もかなり危うい。笑

「原稿零枚」という結びには陶酔すら感じてしまう。





最初の章で「私」は、ラジオのチューニングがどうしても合わず、
阪神対巨人戦の実況を聞くことは叶わなかった。


そうです

ひなびた旅館はやっぱり、落ち着くときと怖いときの差がはげしいのです。

ああどうなる明日。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。