春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンプル・ノイズ
2010年 11月 22日 (月) 02:02 | 編集
201004_0007.jpg
教えてほしい Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Fuji X-tra 400 / albus


きのうは、大学の学祭がはじまっていたので、
福岡に帰ってきた人たちと飲みました。


学祭の前日、つまり所属していた前夜祭はなんとUstで視聴できた。
すごいな!時代かわったな!音も映像も申し分なかった。
プログラムそのものも、すごく親しみがあって難しいこと考えずに楽しめてよかった。
あと、いまの現役の子たち、男の子も女の子も、なんかキュートでいいなあと思った。



おととしは、卒業後1年目で、在校生のバンドに加わって
楽器を吹いていました。(卒業生の出演はぜんぜん珍しいことではないが)。

きょねんは東京に居て、それでわたしはやっと大学から完全に卒業できたと思うのですが
出向ののこり少ない日々にしがみつくように過ごしていたので
学祭に帰るなんて、思いもしませんでした。

しかし今年、たくさんの人が、東京だけでなくあちこちから戻ってきていて
ほんとうにうれしかった。


思いがけず、1こ上の先輩たちとも同じお店で重なった。

お店の場所と、そこに集まっていた人たちの懐かしさは
否応無し、であった。

帰ってからもごんごん泣いてしまった。

はっきり分かってしまったが、わたしは今も悲しい。

思い出して悲しいのと、今も悲しいのは、まったくもって意味が違う。

そして、まわりを困惑させてしまう。

どうにかしたいんだけど。


あー、ほんとに、すみません。



帰ってきていた人たちはそれぞれの日程で学祭を楽しみ、
そして、またあちらこちらの「今」へ帰っていった。

TLを見ていても致死量のノスタルジーが漂っているよ。。

あしたからも、がんばろう。みんなで大人になれて、よかった。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。