春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Black and Bright
2011年 10月 11日 (火) 01:25 | 編集

the East China Sea / iPhone

ひごろの行いが悪いので日没のロケで西の水平線はいつも、いつも…


(これはちょい北寄りの空。振られたのここ1カ月で3かいめ。しょげる。)



どこへ行ってもぶつかる話がある。

ああ知ってますよ、

そして、その続きがバラバラと石つぶてのように

仕事を終えた十四夜の月明かりの下、突如の不意打ちをくらわすのだ


日没の水平線は曇っていたけれど、

そのとき、天頂の空は澄み渡り、月は南東の空高くにあった


今夜の宿へと車で向かう崖沿いの道で

黒々とあかるい海をはじめて見た


西の果てから望む遥かな東シナ海

おそらくまだ曇っていたその水平線は

薄墨をまっすぐ刷毛で引いたように

はっきりと明瞭に、夜の海、夜の空を分けていた

ひとつの漁火も、星明かりさえも浮かべずに。



泣くところだった。




いまごろ月は天頂を過ぎ、少しずつ西の水平線に近づいている

あの黒くて明るい海はどうなっているんだろう

見たくて見たくてたまらないけれど

旅館街から海は少し離れていて

我慢して、寝るところ。



あしたもがんばろう。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。