春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真展まとめ・その1 -こういうわけだったんです-
2007年 11月 03日 (土) 01:16 | 編集
IMG_2555.jpg

7つのファインダーと、合作です。



写真展についてちょっと書こうと思います。


まず、関わってくれた人、ご来場くださった人すべてに心から感謝します!
本当にありがとうございました。しあわせです。しあわせの貯蓄ができるくらいしあわせです。



7人という超コンパクトな集まりでした。
ただ単に、みんな私の友達だったというだけです。
声かけたりしてるうちに自然に集まりました。7人でやめたのはちょうど良かったから。


2年生くらいのとき「2人で写真展でもやらない?」と言ってきたのが
副頭のタナでした。


「そ、そ、そんな大それたこと!」とその時は思った。
お世辞にも性能がよいとはいえなかったコンパクトデジタルカメラのみを酷使してて、
そのときは、写真が趣味、なんてとても言えなかった。なんか怒られそうで。


3年生の新学期、それまでのオーバーワークを整理して、本当にやろうと思った。
で、タナと2人で会議しました。
(当時えらそうに考察していた「産みの苦しみ」は、過去最高に味わうことになったさ)
でもその後、最高学年としての学祭というビックウェーブがやってくるわけで。


学祭後の冬くらいからひとりずつ声をかけて人数が増えて、
でも私が写真に悩み無限ループにはまったりして1年後もなかなか始動できなかった。


結局半年くらい、週1で会議とかしながら、ゆるゆる準備しました。

少人数で、短期決戦ではなくゆっくりと詰めていったことで、
この写真展に対する全員のベクトルがきちんと重なりました。
それは各自が展示スペースなどに寄せた文章からもはっきりと読み取れました。
しっかりとコンセプトを確立し、全員で共有できたことは本当に幸せでした。


「正しい写真展」というのはきっとある。それは絶対にこんな風じゃない。
ちゃんと勉強して、機材をそろえるからこそできるのが本気の作品であり、
だからこそ、震えるような衝撃や気迫を与えられるのは本当だと思う。

でも、カメラが好きで、毎日鞄に入ってて、現像してほくそ笑んで、っていう生活は楽しい。
だから、「こんなのもアリやない?」という気持ちで、学校でこのスタイルを紹介したかった。
そして、来てくれた人たちにくつろいで、楽しんでもらいたかった。



ふたをあけてみたら、
音楽と照明の効果で思った以上にユルい空間となり、
たくさんのお客さんがゆっくりしていってくれた。本当にうれしかった。
1時間以上いてくれた人、毎日きてくれた人、仲間とのおしゃべりに使ってくれた人。
ちゃんと、いっぱしにカフェとして成り立ったような気がした。

展示のクオリティ水準とか、スタイルの提示とか、
たっかーい目標をちゃんとクリアできたかどうかは分かんないし、
お客さんの行動をしばりたくなくてアンケートは配布しなかったので
厳しい意見は汲み取りにくくしてしまってたけど、

会場でコーヒーを飲んでお菓子つまんでくつろいでくれた人、
「たまったフィルムを現像しよう」「カメラがほしい」と思ってくれた人。
会場を記録した写真の中の人たちが、何だか楽しそうにしているのを見ると、じーんとする。
そういう人たちがいてくれただけで、やってよかったと心から思います。


頭としての自己採点は、25点くらいなんだけど…。
副頭が死ぬほどしっかりしてて、みんなが頭以上に動いたからこそうまくいったのだけど、
一応、そういう立場として、まとめてみました。


現時点で悩めるだけ悩み倒し、すべてを出し切ったので
いい意味で、写真がどうでもよくなったというか、気が済んでさっぱりしました。
気持ちよく切り替えて、残りの学生生活を頑張れそうです。




なんか長いし真面目やなぁ、後で改変するかも。
ああでも1時間くらい練ったけんもうよかたい。現時点で公開後の校正は実に8回目だぜ。
真摯な気持ちで書いたから真面目な文になったけど、
やりすぎの盛装でパーティに出たみたいで何だかこそばゆいぜ。

一行で表すなら「やってよかったぜ感謝感激雨あられ(古い)」ですかね。
ま、死語の日生まれですからね。
こないだは「アウトオブ眼中」という言葉をうっかり使って場が凍りました。

次の記事で、写真をたくさん載せて終了。







ちなみに今日、一般企画の会議は寝過ごし、研究室の机は片付けられず…笑

でも髪を切って染めて巻きました。3時間半かかったぜ。これで女子だぜ!!





あと、バラしの段階で、私はアク○リオンのサビを完全にモノにしました。
Comment
この記事へのコメント
写真展すごくよかったです。
おもわず和んでしまいました。
「ゆるい」と言いつつも、かなり密度の高い、骨のある写真展だったと思います。
今度あんなと3人で一緒にお茶でもしましょう☆
2007/ 11/ 05 (月) 00: 18: 25 | URL | たに # -[ 編集 ]
たにさん!返事おそくなってごめんね(>_<)

先日はご来場ありがとうございました!お花も!
お花はその後私の研究室へ。白いトルコキキョウは1週間もったよ!
密かにファンだったので話せてうれしかったよ☆笑
3人で写真とりにいったりお茶したりしましょう♪
2007/ 11/ 08 (木) 02: 17: 47 | URL | ぱかなこ # -[ 編集 ]
名前が、ぱかなこになってたよ(笑)
もっとばかっぽい……
2007/ 11/ 08 (木) 02: 22: 58 | URL | ばかなこ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。