春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CanCamに対する考察
2007年 11月 11日 (日) 02:35 | 編集
cancam.gif

CanCamは、いわゆる「赤文字」雑誌で、私の学校(学部・キャンパスを指す)には
この雑誌が推奨するスタイルの女の子はあんまり生息していません。
あ、わからん、1年生とかにはいるかもしれん…。未知の世代やけん…。

わたしはCanCam読者でもなければ、アンチでもありません。
でも、ちょっとおもしろいと思ったことについて考察してみようと思います。
ムダな考察なので、暇がある方は暇つぶしにどうぞ!


あと、本気で研究しているブログはこちらです。すごいです。
叩かれているを知ったのも、こちらの記事がソースでした。
CanCam専属ブログ

そういえば昔こういうのも書いた。こっちはもっといいかげんです。
2006/04/07:LEON考とNIKITA考~コムスメの視点による~

つくづく自分って暇だと思った



contents

その1:12月号特集について
その2:着回しの法則について
まとめ
私の考察
オチ




その1:12月号特集について



ネットで今月号のCanCamの特集が叩かれているようで興味を持ちました。
「モテ子の習慣 vs ブス子の習慣」というものです。

普段は読まないCanCamが今日はがぜん気になる!!


ということで今日、パーマを直しに行ったとき
席にすわるやいなや

「CanCamあったらお願いします!」


やってきましたよお目当ての12月号。分厚い!重いよ~。


件の特集は、女子の習慣について何がモテて何がモテないか、というもの。
たしかに、ちょっと「言い過ぎ」な感じはしたよ。

たとえば

カラオケで
「さくらんぼ」歌ったらモテ子、「千の風になって」を歌ったらブス子とか。

あとピンクの持ち物所有率にも触れていたような気がする。
斜め読みをしたので、ちゃんとしっかり読んでないけど…。


でも、これはないなーと思ったのが、学生時代の部活について。

モテ子のやっていた部活は、テニスとかバドミントンとからしい。



現在の行動がモテるかどうかに影響するというのはまだ分かる。
でも、過去やっていた部活を指摘されて「それモテないから」って言われたところで

一体どーすればいいんでしょう?


実際、普通はモテるかどうかで部活は選ばないだろ青春真っ盛りに 

そして、もちろん現在進行形で「モテない」競技を頑張っている人にとても失礼だと思う。


その特集では、行動パターンや振る舞いについて触れていた。
でも、心根がどうであるかには触れていなかった。

可愛ければ、そして激しく心の曲がった人ではければ、
間違いなく何やっててもモテると思います。





その2:着回しの法則



これは定期購読して割り出したものじゃないから、かなりざっくりで乱暴ですが。


モデルさんが架空の女性を演じながら期間内で数点のワードローブを着回し、
その日の出来事やシチュエーションに合わせたおしゃれポイントを解説する、

という、どの女性ファッション誌でも見られるコンテンツ。それが「着回し」。


CanCamの場合、演じるキャラクターは、読者層に合わせてほぼOL。


そして、だいたいこのような傾向が強いと私は思います。


職業は、クリエイティブ系やアパレル系の華やかな業界
(広告代理店、インテリアデザイン、アパレルのプレス、など)

期間の序盤で、大きなプロジェクトなどを「任される」。

期間中に、そのプロジェクトは進行し、うまくいく。

スタート時点では彼氏がいるが、着回し期間中に、必ず恋で一波乱、二波乱ある。
そのうちの1つは必ず、誰かに「告白されちゃった」。

最後は、その波乱も何らかの形でまるく収まって終了。




もちろん、これに当てはまらないパターンもあると思うけど。
私たくさんは読んでないし。


ちなみに12月号では、
3日前にはデートしてたのに突然フラれ、でもその1週間後には立ち直ります。
そしてフラれてから12日後には新しい彼氏ができます。


すげーよ



いわゆる「恋もシゴトも」だと思うんですけど、

世の中の女性が皆こんな風にポジティブで充実した生活が送れたら素敵だと思う。
嫌味抜きで。




○まとめ○



CanCamの推奨する、いわゆる「めちゃモテ」スタイルは
男性に「こびている」と揶揄されたりすることもあると思うけど、
実際に読者の人たちは、「モテる」ためだけには読んでないと思う。

たぶん月に1回発行される巨大なカタログみたいなもので、
憧れてて応援してるモデルさんや、華やかで可愛い洋服を見て、
女の子らしいモチベーションを上げよう!くらいの気持ちなんじゃないのかなぁ…。

そして、あの特集を全部鵜呑みにしてモテるためにすべての行動を変革する人も、
そんなにいないんじゃないかなと思いました。

別のキャンパスに通う仲良しの友達にCanCam読者の子がいるけど、
私は彼女がしゃかりきにモテようとしてるとはまったく思わない。
好きなモデルさんを心から応援してるし、選ぶ服は似合っててとても可愛いです。




○私の考察○



どんな雑誌を読んでいたとしても、自分で好きだと思えて、似合う服を選ぶのが一番。

その人がもともと持つ個性と選ぶおしゃれがマッチすることにより
相乗効果で魅力がアップした結果、それがモテにつながることも多いにあり得る。



まあこんな考察してみたところで、気になってくるのはじぶんの女子力。

わ、私もがんばろう…。




○オチ○



考察からは離れますが、
そうなんですよ、1週間前にかけたパーマがとれかけて、
あと、レイヤーをつけなかったせいで、毛先のカール以外がつぶれてしまい
ちょっと気に入らないなあと思ったので、思い切って直してもらいました。


母「あらまたパーマかけなおしたの」

私「うん、なんかね上の方がつぶれとって、
 アラベスク第2部に出てくるワレリーみたいになっとったけん」

母「ワレリーが思い出せない」

私「ほら、リュドミラのパートナーで、レミルが好きな男の子よ」

母「わかった」



「アラベスク」は、何度も言及してきましたが、本当に大好きな70年代のバレエ漫画。

母には通じたけど、普通は絶対に通じないよ。
ということでボロボロのコミックスをスキャナにかけました(母ちゃんごめん)





















20071111012141.jpg


ワレリー。


ちなみに彼が恋しているレミルは、男の子です。

私の頭は、無事にワレリーから脱出しました。
Comment
この記事へのコメント
キャンキャンには僕もひじょーに興味が。
今度キャッチコピー特集しません!?

大本命!冬のめちゃモテ愛されニット特集!
みたいな
2007/ 11/ 11 (日) 08: 44: 49 | URL | ayu # -[ 編集 ]
半年ちょい前くらいから実はCanCam読者ですが(-_-;)

持ち物ピンクでさくらんぼ歌う非モテもここにいますよ、と。
分類だけて見たらモテ子よりなのに……(/_;)

ってか「カワイイ」をねらって合コンで「さくらんぼ」歌うヤツは正直引くかも……
2007/ 11/ 11 (日) 22: 59: 30 | URL | Sue # 2ysWZ2yA[ 編集 ]
あゆ>

ちょ、

>大本命!冬のめちゃモテ愛されニット特集!

って、君CanCam把握し過ぎだから!笑
あ、彼女さんCanCam系だったっけ?きれいな格好だった気がするi-189

いつか芸工のシチュエーションで、着回しのパロディ写真を撮りたいんよね。笑


Sue>

なんかね、さっき気づいたんやけど
お互いのブログにコメントした時間がすごい近かった☆

最近ピンク増えてきたんやろ!?
いやいや大丈夫よ東京でモテてもどうせ置いて帰ってくるわけだから!

帰って来たらお帰り飲みしよー!


合コンで全員がピンクの勝負ワンピとか着てきて
全員が「さくらんぼ」「ボーイフレンド」とかやったら差別化できんやんね。。
2007/ 11/ 12 (月) 01: 50: 06 | URL | ばかなこ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。