春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏切りの天使
2008年 02月 14日 (木) 02:18 | 編集
ビジュアル系ではなく食べ物の話をします。 日記その1



ミスドで一番好きなドーナツは何ですか?

私は、どんだけ「甘い!」「重い!」と言われようとも
エンゼルクリームが譲れない1位!!

でした。

しかし

「リッチドーナツ」がデビューして以来、
エンゼルクリームもセレブの仲間入りをしてしまいました…

145円て!!30円値上げって!!100円セール対象外て!!

で、今日セレブになってしまったエンゼルクリームを始めて食べてみました。

なんか全体的にお上品になっていた。
たしかに生地はさっくりふんわり軽いくちどけなんですが

それじゃ重さが足りん…!! あと、クリームがなんか少ない気がする。

なんかあの野暮ったいくらいの甘さが好きだったのになぁ。
重たい生地にガッツリかぶりついて、
あふれんばかりのホイップクリームをほおばるのが、私の至福だったのに…。

この墮天使め…。



帰りに三越に寄りました。

バレンタイン前夜、デパ地下は女の戦場と化していました。

チョコ売り場の周りだけが異様な熱気につつまれてて、
なんか、和菓子屋とか明太子屋の店員さんたちは、若干しらーっと傍観してて
ワンフロアに混在するこの温度差が、たまらん。


私の目的は¥630のロイズ!from北海道!!
北海道みやげでしか食べられないチョコが福岡で手に入るというこの嬉しさ。
そしてこのお値段でこの美味しさ。ロイズ様ありがとう。家族みんなでいただきます。

私はあんまり詳しくないけど、ちょー有名なショコラティエのお店も出てて、
やっぱりそのケースの前は一段と熾烈な競争が繰り広げられていました。

ふと、「ピエール・マルコリーニ」というショコラティエのブースで、
数日前、給湯室にあったのとおんなじ箱詰めを見つけました。

給湯室にふたを開けておいてあるお菓子は、たいてい取引先からもらったものとかで、
つまり「ご自由に、おひとつどうぞ」という意味。
そんなすごいチョコともしらず、ラッキー♪とばかりに私もいただいていたのです。

ケースにあったその箱のお値段は17個入り5000円超!!

計算すると私が一口でぺろりと食べてしまったその一粒の値段は


¥327円


なんかすいません。わたし、食べても327円って分かんなかったヨ…。


デパ地下に並ぶ有名店の高級チョコの繊細な美味しさなんて
男子に分かるわけないんだから、あれは自分用に買うものなのだ!

と、最近よく女の子たちと話していたのですが

やっぱり私にも分かんないらしい。

一粒があんまり高いチョコって食べるの緊張するし味は濃厚だし、
ちょっと気が動転する・・・。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。