春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君は東京
2008年 02月 24日 (日) 02:24 | 編集
ゆずのアルバムにこういう歌が入ってる

今週はzangyo続きでくたびれたせいか
またしても14時間睡眠+昼寝という廃人のような土曜日を送ってしまいました。
というか、週4で、8時9時程度のzangyoで疲れるとかありえない。
春からは週5だし、土曜日はピアノとコピーライター講座の掛け持ちで、しぬかもしれん。
せめて時給が100円上がりますように。

自分について。

私は生来いい加減で、ふわふわと感覚的に生きている感がありますが、
相方は理系でロジカルで現実的でフラットです。
理系というのはおいといても、乱暴な言い方をすればまさに東京のひとって感じです。
東京くさい派手さはないけど、ダーティーさに強いというか、芯がドライ。

東京に対してひとかけらの気負いもなく
帰省感覚で東京の就活をこなし
そつなく東京で職をみつけて暮らしていくんだろうなあ

と思う。すげーよ

ついてく気がないのによくつきあえるね

とか、たまに言われるんだけど
今、支え合っているのは間違いないと確信しているならそれでいいや。

角田光代が24歳くらいで書いたエッセイに
「夜中にタクシー飛ばして好きな人に会いに行く」
という行為についての一節があり、
本人はそれがなかなか出来ないって書いてたけどなんか素敵だと思った。

むかし何回かやったことあるんだけど
車窓から眺める深夜の5号線の景色は何だか妙に非日常で、
後先考えてない自分を自覚してちょっとハイになる。

今の自分はと言えば、
なんとなくもぐりこんでしまった布団のあたたかさに勝てず
タクシーに乗る気力もないような気もするけど…。

未来は現在の積分、だからこそ、
1メートル先のバナナの皮で転ばないように歩きたいなあと思う。
Comment
この記事へのコメント
>>未来は現在の積分
何か、詩人だね(笑)
好きです。
そういうの(笑)
2008/ 02/ 24 (日) 02: 47: 21 | URL | うめ # -[ 編集 ]
うへえ!
そう言われるとはずかしいっ!きゃー

昔は積分のグラフとか書いてたよねもう全く思いだせないけど…。
私は永遠とかを口にする派では全然ないってことです。。
2008/ 02/ 24 (日) 03: 12: 43 | URL | ばかなこ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。