春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステディ・ノート
2008年 03月 11日 (火) 01:25 | 編集
レッスンでした

ショパンが急によくなったらしい。

たしかに旅行で滝には立ち寄ったけど打たれてはないのに。

滝ポテンシャルすげぇ。

でも指の力と腕の力のさじ加減が課題だなぁ

あとは 色気…。(なにも 言ってくれるな)

ピアノはいろんなことを見失ったり空回ったりしがちな私には
バランスをとる大切な舵であり、生活の幅とゆとりと遊びをくれるもの、だとおもう。
他の楽器や好きなことと決定的に違うのは、

15年以上前から自分を知っている師匠がいることだろうな。

先生は、違和感なくずーっと独身ですが
先生の歳だけは永遠の謎です。

ピアノのあとは高校時代の友達と3人でこぢんまり飲んできました。
ふたりとも、1杯くらいでふわふわとなり、
わたしはそんな彼女たちの可愛さに酔いました。
もつべきものは自分を受け入れてくれる友達だ。

ふわっふわのまま帰ってきてすぐにお風呂入ったら
血の巡りがかなり素敵なことになったが…。
うえーい!

あとは久しぶりに香水を買った。

香りは、自分のアイデンティティや考え方に深く寄り添う要素だと思う。
鯉だの誘惑だの落とすだのは別いいけん、
芯のあるコンセプチュアルなもののほうが好きだ(そういうのってお安くはないんだな…)

20分くらい色んなテスター試し続けて危うく鼻がバカになるとこでしたが
Paul SmithのROSEを買いました。
香調と、ボトルや外箱の佇まいの
「バラですけど何か」っていう真っ直ぐさと飾り気のなさに完全にやられた!

30mlのくせにバリ高かったけど着こなせたらいいな

最近ピンとくるのに巡り会えなくて
全然香水つかってなかったから新鮮だー。
仕事あるからごく微量しかつけないけどそれでも嬉しい。

酒のふわふわとROSEのラストノートがいい夢見せてくれますように。

あとはビタミン不足で大荒れの口の中が治りますように……

ねよ。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。