春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目/雨の伯備線
2008年 03月 20日 (木) 00:00 | 編集
3月19日/2日目


9:18 岡山 発

11:00 新見 着


伯備線は、山と川で、ずっと雨。

その圏外っぷりといったら、
朝から昼まで乗ってただけで電池が消耗してゼロになるくらいのパワーがある。

IMG_3284.jpg

IMG_3282.jpg

IMG_3287.jpg



何度も渡り、並走した川の表情
山裾の陰に融け残った雪
畑に生えたまま朽ちた白菜

そういういうものをひらすらぼーっと見ながら移動って贅沢だった。



真ん中らへんの、新見駅で乗り換え!

IMG_3288.jpg

ここで弟が本命の公立高校に合格したと知らせが☆
実家に電話しました。

IMG_3289.jpg
厳しすぎる伯備線のダイヤ。
1時間に1本特急があるけどもちろん18きっぷじゃ乗れないの。
だからもし岡山発9:18を逃すと、にっちもさっちもいかないのだ


11:17 新見 発

13:08 米子 着
13:47 米子 発

14:59 出雲市 着


米子から山陰本線に乗り換えて、出雲市駅まで。
どうして出雲駅じゃなくて出雲市駅なの?

ここで1時間、休憩スペースのテーブルに陣取って、
簡易充電器によって命をつないでいる携帯で


今夜の宿探し


いくら18きっぱーでも、いちおう女の子なので、

ネカフェとかではなくきちんとホテルに泊まる
前泊地を出発するときまでにその日の宿はきちんと押さえておく

という自分ルールがあった。

が、岡山では徹夜の移動で疲れてネカフェを探す元気もなく、
というか、

次の日どこに行くかも決めてなかったので。


出雲市駅の正面にこれみよがしにそびえ立つ東○インを横目に、
2日目までビジネスホテルはもうよかろーもん!という切実な決意を胸に必死に探す。

じゃらん派でしたが、るるぶトラベルにもその場で登録し、
出雲大社のすぐ近くの宿を見つけて予約を送信。ああ近代文明よありがとう。



こっからは切符を買って一畑電車に乗る。

15:53 電鉄出雲市 発

16:02 川跡 着
16:04 川跡 発

16:15 出雲大社前 着


駅についたら横殴りの豪雨で、当日中の出雲大社を諦めた。
茶髪のお姉さんの運転するタクシーに助けを求めて、初乗りで宿へ。


泊まったのは古い旅館。そうなの旅館に泊まりたかったの。
前の一人旅で青森のてっぺんの温泉に行ってから、
ひなびた古い旅館が好きになったんだと思う。

IMG_3296.jpg
おもてなしされる。えへ。おばちゃんが優しいのよ

IMG_3298.jpg
あまりの豪雨でもう出かけられないと悟り、やっぱり宿でご飯食べる事にした。
晩ご飯を品数減らして2000円でつけてもらった!カニたべました。ぜいたく。


IMG_3299.jpg

ツイードの丹前があったかかった。
お風呂は大浴場という名の中くらいのお風呂で、やっぱり貸し切り状態!ぜいたく。


4500円のビジネスホテルから1泊2食9000円の旅館というのは
短い旅程のなかで、いいメリハリになったなーと思う。
というか、畳の和室の暖かみと優しさに助けられた夜でした。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。