春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哲学チェリーブロッサム/心祝い/溢れ出でよ
2008年 04月 08日 (火) 01:24 | 編集
IMG_3545.jpg

ふぃろそふぃー・ろーど。



そうだ
京都
行こう


とは良く言ったものです (実際にあるキャッチコピー)






誕生日に京都で桜。





行ってやりました京都。




京都での桜の満開と土日と誕生日が重なるのは、人生でそうそうない僥倖!!

と思って。




しかし

土日+桜+観光都市KYOTO 

の組み合わせを、なめていた。完全に、なめていた。

どこを歩いても人の海で、バスは満員で乗り込めず、道は渋滞で動かない。


夜になってからタクシー(やむなく)で通りかかった

八坂神社と円山公園(桜の名所)の前の交差点は

あんどん祭と、元旦初詣の太宰府天満宮




ごっちゃになっていっぺんに来たみたいだった。

人がゴミのようだどころの話じゃなかった!


意味分からんくらいに咲き乱れる桜と、
その下で、花を見上げてとち狂ったように喜ぶ日本人。

桜が見頃になるたった数日の間に、
これだけの人間を容赦なくひきよせる京都ってすごい。


京都は、どっちを向いても満開の桜色が目に入って、
どの桜の木もいちいち見事で、人をうならせる何かがあって、
やっぱり見に来た甲斐があったなぁ、と思った。
そして何より
桜のもつ力と人々の熱気がつくる雰囲気をあふれ出るほどに抱えた
一年に数日しかない特別な京都を
じかに見て、ど真ん中で味わえたのは本当によかった!

デジカメで写真とってたら133枚もあった。フィルムは1本半つかった。
旅先ではあんまり写真とらないんだけど(そういうパラドックスがあるのさ)
これは最高記録かもしれん!!

そういうわけで写真は山のようにあるんだけど、
とりあえず「人が多い」写真だけ選んでみた。あとでまた載せます。



京都駅はやっぱり楽しい!!あそべる。

IMG_3493.jpg
人がゴミのようだ。SS優先で1/15で撮ってみました。



「哲学の道」走破しました。老若男女の大群といっしょに。
みんな楽しそうで写真とりまくってソフトクリーム食べてて、
妙に陽気な行軍のようでした。
夏に行ったときは桜の青葉の陰とせせらぎが涼しくて、静かな小道だったけど、もうまるで全く別の場所のよう。

IMG_3534.jpg
いいなぁ旅館で着付けてもらえるのかなぁ。


IMG_3544.jpg
バスを待つ、長蛇の列。来ても、すぐには乗れないのよ。




帰りは夜行バスでした。
ウメッシュ飲んで柿の葉寿司食べて、
寒くない工夫と体が痛くない工夫をして(痛くなるけど)寝た。寝れた!

12時を過ぎて消灯し、カーテンも閉められて真っ暗な車内で、
知らない人たちどうしが、思い思いの工夫を凝らして眠り、一緒に遠くへと運ばれて行く。
誰も喋らない中、耳の底に響く走行音と振動が心地よくて、これはこれで好きだと思った。

朝7時前に、はいはいつきましたよー、とアナウンスで叩き起こされ、
5分後には博多駅前でぽいぽいっと下ろされて寝起きのまま朝の街を歩かされる、
あの問答無用な感じも、しんどいけど嫌いじゃないぜ。笑

首はボキボキでした。こうして始まった日曜日は、特に何もできませんでした。笑



そんなこんなで土曜日に24になりました。
メールをくださった皆様ありがとうございました!

また、つるりと1枚皮を脱いで、
これいいんじゃないの、ふふん と思える自分にもっともっと近づけるように
直感を信じて、好きだと思うものを信じて、おおらかに真剣に精進します。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。