春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鎖骨にプール
2008年 06月 08日 (日) 23:46 | 編集
smena35_0094.jpg

ほよんほよんほよーん 
Lomo smena35 / Kodak SUPERGOLD 400


あうあう


今週はひさしぶりによく泣いた 汗をかくみたいに泣いた
でも悪くない涙。受け皿はやさしい。



きのうは講義の後、自己紹介大会!があった。

平均年齢は私よりちょっと上かもしれない。
いろんな経歴の人がいて、それを聞くだけですんごいわくわくした。
今月末に懇親会があるのでおともだちを作りたい、せつじつに。

だって同期いないんだもん笑


かんじんの勉強のほうは、まだ始まったばかりだけれど
自分はすごい出来る子、とかでは全然ないと思う。みんなすごいなあと思う。

たしかに、追いつめられて出す課題がまるで事故みたいな出来だったりしてて
こんなんじゃだめだなぁと思う。もっとがんばろう。



夕方からはひげで芸情飲み!があった!!楽しみにしてたのよー。

院生と福岡の社会人、それに東京組も偶然2人戻って来てて10人以上!すごい!!


駅前の焼き鳥屋・ひげで、いつものように始まった飲み会は

じょじょに熱い盛り上がりをみせ

串・酒ともに怒濤のような品数が押し寄せ

お安いはずのひげで、まさかのお会計4000円、

そして死人も若干名という、

ほんとうに大学生全盛期みたいなノリで、

しつこく学校を懐かしがってる私みたいな人にとってはもう

120点満点の飲み会でした。




研究室にもどっていく院生の友達にくっついてって

夜のキャンパスをまたぶらぶらして

私の学校シックはまだまだ治らないのかもしれないけど

こんなかんじでごく自然に集まって飲めるって幸せだなと思う。



こいばなも熱かった。

「キャラ変わったので慣れてください」と言っといた。

そしてあの話にはいい加減、終止符をうとう、自分をもおとしめる。




世の中の男の人は

してないのにしたって言う

したのにしてないって言う




そしてたくさん話題にのぼったのが、東京福岡のえんれん。
気づけば卒業と同時に当事者になった友達がたくさんいた。

想像がつかんぜ!



あっというまに12じ

あしたも会社

たるんじゃだめよ 社会人1ねんせい
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。