春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地獄の底から這い上がる朝
2008年 06月 24日 (火) 02:12 | 編集
ぞんびじゃないよ

月曜朝

会社に行きたくないわけじゃないと思うけど朝起きるのが嫌。

わたし会社員向いてないわいつかニートになりたいっていうか絶対なる

と本気で思いながら起きてきます。。
目が覚めたらそんな決意も忘れて普通に支度して出かけるんやけど
毎朝無事に会社に行けるの奇跡だー



仕事おわってピアノまで間があって、
レッスンに耐えるにはお腹すきすぎてへろへろだったから
ロッテリアに入った。

私が座ろうとした席に財布の忘れ物があったので店員さんに届けた。

そして

その席に私は弁当箱を忘れてきた。

レッスンがおわってから弁当箱もってないことに気づくも
どこで忘れたかなかなか思い出せなくて焦りました。
洗ってあるのでまあ、惨事にはならないと思うけど。
なんで「あら忘れ物、私も気をつけなくちゃ」という
当然の思考回路が働かなかったのかしら…。



最近読んだ本

といっても春先から亀ペースでだらだら読んだ。

「海のふた」 よしもとばなな
「むかしのはなし」 三浦しをん
「竜宮」 川上弘美


「海のふた」は読み慣れたひとの話なのですんなり読めた。

「むかしのはなし」は、日本の昔話を独自の解釈で大胆に現代に置き換えた短編集。
でも1編ずつ読み進めるうちに
少しずつ各話共通のキーワードや気分が見いだされるようになり
これらの物語が語られた世界が
近い将来どのような運命をたどるのか明らかになっていきます。
こういうリンクした短編集は大好きです。
伏線とか隠れたリンクに気づくの遅いけどね…。

「竜宮」はあんまりっていうか全然わかんなくてさっぱりで、
読み込んでない作家に対する自分のリテラシーのなさに凹む。
でも解説読んだらこのままの印象でもいいのかとちょっと安心。

このひとの小説ですごいのは、出てくる料理の描写だと思う。
べつに彦麻呂ばりの比喩がでてくるわけじゃなくて
登場人物が庶民的な料理を粛々と平らげていくだけなんだけど、
実にそそるものがあるんです。バリおいしそう。居酒屋になると特に!
代表作「センセイの鞄」でも、
私はセンセイとツキコさんの恋より
度々登場する居酒屋のシーンにときめいていたかもしれない…。

あー本当におなかすいてきた。ねよう。
またあしたぞんびみたいに起きてこよう。
Comment
この記事へのコメント
アタシは主婦になりたい!

へへv-238本気で最近仕事以外でパソコン使わんわ・・・ってことでてるねぇの日記も久しぶりに見ました☆

ってかいつかの月曜、歌舞伎みたんや・・・うらやましい!!!!
あたしもねぇちゃんの仕事先の人がチケットくれそうやったんやけど、あたしが仕事でした・・・泣

広告関係はチケットがよく出回る気がする・・・
2008/ 06/ 26 (木) 01: 47: 00 | URL | Eりか # -[ 編集 ]
わたしめっちゃ川上弘美信者だけん、すごく反応してしまったよ

龍宮は、たしかに濃い部分あるからなあ笑
おすすめは「神様」「おめでとう」「ニシノユキヒコの恋と冒険」「ざらざら」などです。

詳しくはわたしのレビューブログにて!笑
2008/ 06/ 29 (日) 00: 05: 49 | URL | Jみ # aCQD.aUU[ 編集 ]
ごめん!おそくなりましたー!!

Eりか>

うちは5年モノのマックがついにお亡くなりになり
お父さんのしごとのお下がりで今日復旧しましたー!
私もネットひさしぶり。。

そうそう、歌舞伎→O島研→Eりか・・・って思い出してたよ!
すごいおもしろかったけど、やっぱり自分で買えるもんじゃなかったわ。。
もっと大人になったらまたいきたいな。

しつこいけど私はEりかを嫁にほしいです。笑


Jみ>

おおー!そうなんや!!
「センセイの鞄」「神様」というメジャーどころを読んでて、
じゃあ次どれにしよっかなと思って適当に選んだんよねー。
そういう初心者でもすんなりいけますっていうラインナップ
教えてもらえるとすっごいうれしい!
次はそのへんから攻めてみようかな!

私も小川洋子が好きだけど、人にすすめるときは作品を選んじゃうなあ。。
怖いからとりあえず「博士~」とかにしとく。笑
2008/ 06/ 30 (月) 00: 12: 30 | URL | ばかなこ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。