春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少なくとも、私の友達にはいなかったタイプ
2008年 08月 27日 (水) 00:36 | 編集
さいきんガツガツ本を読んでて
たまたま最近読んだ本(男性作家2人、計3作品)にざっくりと共通する主人公の設定

・冷めて覇気のないハタチ前後の男子大学生
・どちらかというと受動的
・クラシック音楽に造詣が深い
・カタカナの作者の難しそうな本を読む
・さして興味はないけど、なぜかテクはある

これを、ちょー乱暴にくくってしまうと


インテリで覇気はないけど床上手。


読んだ本の中では
1960年代~2000年代まで、時代はばらけてるんだけど、
今も昔もこういう大学生はよくいるんですかね。。
理系の人は主人公になりにくいんですかね。森博嗣よむしかないわね。

まあたまたま続けて読んだ本がいくつかそうだったってだけで
かなり乱暴なくくりかたをしているのですが、

昔が舞台なら、なんとなく理解できる。
その時代に生きてないから雰囲気で納得しちゃうのかもしれんけど。
が、現代モノのほうで、この設定はなんというか腑に落ちません。
なんか、ずるいような気がするなー。うまく言えんけど。


ちなみに「少女漫画にありがちなこと」なら多分もっと列挙できそうです。
これはもっとくわしい女の子とやると、きっと盛り上がります。
いつか飲みながらしましょう。



次回、考察カテゴリ予告

「クラシック着メロの法則」

そのうちいつか。
Comment
この記事へのコメント
その設定キャラ、例の新訳にもいたような…てか床上手って…www

森博嗣、弟がたくさんもってるから貸してって言ったら、
シリーズごとにそれぞれ全部読まないと繋がらないよと釘を刺され、
読むの躊躇しています。一緒に踏み込んでみようか!!
2008/ 08/ 27 (水) 01: 09: 35 | URL | kナミ # -[ 編集 ]
おそくなりましたーm(__)m

森博嗣はシリーズひとつだけ借りて全部読んだことあるけどあの文体に慣れるの大変やった。。
カタカナ語の最後ののばし棒がなくなるんよね、ペーパー→ペーパとか。
弟くんからかりて読破して一番おもしろかったシリーズ教えてwww
2008/ 09/ 01 (月) 01: 18: 33 | URL | ばかなこ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。